暮らし PR

夏コミ服装で男におすすめしない格好4選!必要な持ち物と暑さ対策まとめ

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

今年も夏コミc104の開催時期が迫ってきましたね。

毎年開催されるコミケですが、特に夏場の8月11日から12日に開催される夏コミ(c104)では環境的にも非常に過酷で暑さ対策が必要になります。

その為、暑さになれない方、混みになれない方、初めて参加される方は入念な準備が必要になります。

男の服装悩んでいる方きっといますよね。

  • おすすめしない格好って何があるのか知っておきたい
  • 最新のおすすめ暑さ対策グッズを知っておきたい
  • 夏コミに必要な持ち物を知っておきたい

この記事では、男性の服装でおすすめしない格好と、おすすめな暑さ対策グッズと夏コミに必要な物の一覧を書いていますので、夏コミに参戦されるすべての方に嬉しい情報が詰まっています。

因みにおすすめしない格好は、実際に参加された方の声をもとに厳選していますので是非参考にしてみて下さいね!

せっかく行くなら、この記事を最後まで読んでいって盛大に夏コミを楽しみましょう!

 

夏コミ服装で男におすすめしない格好4選!

夏コミでは、非常に暑い気温で過酷だと想定されます。

毎年「しんどかった」「辛かった」など参加された方の声を沢山聞きます。

暑さ対策・熱中症対策でも服装は超重要!!

夏コミの服装で男性に、おすすめしない格好を調査し調べ上げた結果、4選ご用意しましたので是非参考にしてください!

夏コミの服装で男性に、おすすめしない格好
  • 横幅の広いワイドパンツ
  • 綿100%のトップス
  • ジーパン
  • ブーツやサンダルやクッション性の無いスニーカー

もしやすると当てはまる服装・格好があるかもしれません。

では、さっそく見ていきましょう!

 

夏コミ服装で男におすすめしない格好その1:横幅の広いワイドパンツ

夏コミに参加される男性の服装でおすすめしない格好その1は「横幅にだだっ広いワイドパンツ」です。

皆さん人混みの中を想像してみてください。

横幅の広いワイドパンツを履いていると、いちいち周りの人に布が当たってしまったり、不快な思いをさせてしまったり、引っ掛かりなんかも想定されます。

ようやく人ごみを抜けたと思ったら、パンツがシワシワのクシャクシャなんてことも普通にありえることです。

動きやすさ重視のおすすめのパンツ
  • 暑さ対策と動きやすさを重視したでショートパンツ
  • ワークマンなどに売ってあるアウトドア用のスラックス

ショートパンツは密度が高い場所へ行くと、肌が当たってしまい汗が付着したりしがちなので気になる方は長ズボンをおすすめします。

 

夏コミ服装で男におすすめしない格好その2:綿100%のトップス

夏コミに参加される男性の服装でおすすめしない格好その2は「素材が綿100%のトップス」です。

「なぜ?」と思われた方いると思いますが、綿100%は乾きにくいというデメリットが存在します。

乾きにくいということは、夏場で汗を吸ってしまったトップスが乾かず、雑菌の繁殖やニオイの原因になる可能性があります。

動きやすさ、着心地はとてもいいですが、夏コミには不向きと考えられます。

速乾性効果抜群のおすすめトップス&インナー
  • 速乾性の有名スポーツブランドのアンダーアーマー
  • ワークマンのドライ吸汗速乾半袖Tシャツ
  • ミレードライナミックメッシュ

 

夏コミ服装で男におすすめしない格好その3:ジーパン

夏コミに参加される男性の服装でおすすめしない格好その3は「ジーパン」です。

先ほどに続きジーパンも綿が多めの生地になります。

汗を吸って重たくなり、動きにくくなるとの声もよく聞きます。

動きにくい点や、着替えにくい点で夏コミには不向きと考えられます。

疲労感を極力抑えて長期戦向けおすすめ組み合わせ
  • スポーツブランドのランニング用スパッツにショートパンツの組み合わせ
  • 靴下にGUTS-MANガッツマンスーパーストロング5本指を履き、超軽量のランニングシューズ

ランニング用スパッツは疲労軽減の効果がある為、長時間の運動に適しています。

ガッツマンという靴下は自衛隊員さん向けに作られた、動きやすさと疲れにくさに特化した高機能ソックスブランドのようです。

何と言っても100キロ行軍にもご使用頂ける強度みたいです。

 

夏コミ服装で男におすすめしない格好その4:ブーツ・サンダル・クッション性の無いスニーカー

夏コミに参加される男性の服装でおすすめしない格好その4は「ブーツ・サンダル・クッション性の無いスニーカー」です。

夏コミは、戦場です。

人口密度が非常に高く、一日の移動距離も半端じゃありません!

ブーツやサンダルを履くなんてもってのほかです。

足を痛めたり、ケガの原因になります。

ならスニーカーなら何でも大丈夫なのかと言うとそうではなく、クッション性が無いスニーカーはおすすめできません。

理由は単純で、長時間の歩行に身体が疲労してしまうからです。

夏コミでも普段履きにも使えるスニーカー
  • ニューバランス … ML574
  • ナイキ … エアマックスDn

ナイキは超軽量のランニングシューズがおすすめですが、お値段もそれなりなのでお財布との相談ですね。

コスパからしてニューバランス一択になるでしょう!

価格は1万円前後からで、耐久性はもちろん、日本人の足の形にピッタリなのでハズレにくいのも評価爆上がりです。

 

夏コミで必要な持ち物と暑さ対策グッズまとめ

夏コミで必要な持ち物と暑さ対策グッズを一覧でまとめてみました。

夏コミ参戦前に忘れ物がないか、最終チェックを済ませておきましょう!

とくに夏場で30℃以上の気温は当たり前なので、熱中症対策は万全にしておかないと、当日地獄を見てしまいます。

夏コミ初心者の方は、下の一覧を必ず見ておいてください!

 

夏コミで必要な持ち物一覧

夏コミで必要な持ち物一覧になります。

  1. 日焼け止めクリーム
  2. モバイルバッテリー
  3. 小銭(100円玉は多めの方がよい)
  4. 折りたたみ傘(できる限りコンパクトで高性能なもの)
  5. 帰りの交通切符または、お金をチャージしているICカード
  6. 大きめの手さげ袋(使わない時は、コンパクトにできるもの)
  7. 身分証明証と保険証
  8. 常備薬
  9. コミケカタログ(事前にアニメイトで購入しておく)
  10. ゴミ袋(予備でいくつか)
  11. コンパクトな折りたたみできる椅子もしくはミニレジャーシート
  12. 推しサークルへの差し入れや手紙など

かなり必要な持ち物がありますが、優先してもらいたいことは、とにかくコンパクトに納めることです。

詰め込みすぎてバッグが重くなるようならどれかを減らして当日の負担を少しでも軽減することも大切です。

 

夏コミで必要な暑さ対策グッズ一覧

夏コミで必要な暑さ対策グッズの一覧になります。

  1. 保冷剤
  2. 凍らせたペットボトル(飲む以外に使用できるため水が無難です)
  3. ハンディ扇風機
  4. 汗ふきシート
  5. タオル(予備で何枚か)
  6. スポーツ飲料水(カフェインが入ったものは絶対にダメ)もしくは、OS-1
  7. 塩分補給タブレット
  8. 帽子(アウトドア用の通気性があるものが好ましい)

 

注意!!

よく他のサイトなどで書かれている、ファン付きウェアや首掛けの冷却装置は絶対におすすめしません。

暑さ対策グッズといっても、長時間の炎天下には耐え切ることはできず、重いだけの装備になってしまい、逆効果になります。

水分塩分補給、汗はすぐ拭き取り、衣服が吸ってしまった汗を如何に早く乾かすか、そしてベタ肌を防ぐことを最優先に考えましょう!

 

まとめ

いかがだったですか?

夏コミの開催時期は8月11日と12日で、非常に暑い時期です。

必ず暑さ対策した服装・格好で、暑さ対策グッズを身に付け熱中症対策を行うことを忘れずにしてください。

記事内に必要な物と暑さ対策グッズまとめ一覧を書いていますので、チェックリスト代わりにしていただいても構いませんので、忘れ物がないか今一度確認してくださいね!

男性の服装は結構悩むものです。

暑さ対策ができて尚且つ動きやすさも重要ですね!

今回は夏コミで、おすすめしない男性の格好を紹介しましたが、実際の声をもとに作らさせていただいていますので是非参考にしてください。

最後に「夏コミ服装で男におすすめしない格好3選、必要な持ち物と暑さ対策まとめ」の記事を読んでいただきありがとうございます。