MENU
ゲーム PR

鉄拳8の段位の読み方は?強さ順に一覧で紹介

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

今話題沸騰している「鉄拳8」で、初めてプレイされている方もきっと多いはず。

鉄拳8のランクマッチは段位によってランク分けされ、より段位が近い人と対戦でき勝利すれば段位が上昇します。

実際ランクマッチをプレイしてみて、この段位の読み方ってなんだろう?自分が今いる段位の強さってどのくらいなの?と気になる方がいると思います。

そこで今回は「鉄拳8の段位の読み方は?強さ順に一覧で紹介」について書いていきます。

この記事でわかること

  1. 鉄拳8の段位の読み方がわかる
  2. 鉄拳8の段位の強さを一覧で一目でわかる
  3. 段位別の昇格難易度がわかる

それでは、最後までよろしくお願いします。

 

鉄拳8の段位の読み方は?

特に難しい段位名をピックアップして解説していきます。

  • 餓狼(がろう)
  • 荒鷲(あらわし)
  • 猛象(もうしょう)
  • 邪拳(じゃけん)
  • 戒拳(かいけん)
  • 羅刹(らせつ)
  • 羅傑(らけつ)
  • 臥龍(がりゅう)
  • 真龍(しんりゅう)
  • 天龍(てんりゅう)
  • 拳帝(けんてい)
  • 炎帝(えんてい)
  • 戦帝(せんてい)
  • 鬼神(きじん)
  • 鉄拳覇皇(てっけんはおう)
  • 鉄拳神極(てっけんしんきわみ)

猛象や羅刹や羅傑や臥龍などは、あまり聞きなれない言葉ですよね。

中国で使われている用語なんかが採用されているのでしょうか?

 

鉄拳8の段位の強さの目安を一覧で紹介

こちらは、鉄拳8の段位を強さ順に並べた一覧表です。

  • 入門生
  • 初段
  • 二段
  • 勇士(四段)
  • 策士(五段)
  • 闘士(六段)
  • 餓狼(七段)
  • 荒鷲(八段)
  • 猛象(九段)
  • 剛拳(十段)
  • 邪拳(十一段)
  • 戒拳(十二段)
  • 修羅(十三段)
  • 羅刹(十四段)
  • 羅傑(十五段)
  • 臥龍(十六段)
  • 真龍(十七段)
  • 天龍(十八段)
  • 拳帝(十九段)
  • 炎帝(二十段)
  • 戦帝(二十一段)
  • 風神(二十二段)
  • 雷神(二十三段)
  • 鬼神(二十四段)
  • 武神(二十五段)
  • 鉄拳王(二十六段)
  • 鉄拳覇皇(二十七段)
  • 鉄拳神(二十八段)
  • 鉄拳神極(二十九段)
  • 破壊神(三十段)

最初は誰もが通る道「入門生〜二段」があります。

そしてその次に、青段といわれる「勇士」「策士」「闘士」がきます。

次が獣段といわれる「餓狼」「荒鷲」「猛象」

その次に拳段といわれる「剛拳」「邪拳」「戒拳」

その次に羅段といわれる「修羅」「羅刹」「羅傑」

その次が鉄拳8から実装された段位帯の龍段「臥龍」「真龍」「天龍」

次が帝段「拳帝」「炎帝」「戦帝」

次が神段「風神」「雷神」「鬼神」「武神」

次に王段「鉄拳王」「鉄拳覇皇」

次に鉄拳神段「鉄拳神」「鉄拳神極 」

最後に「破壊神」です

自分が今いる段位はどこら辺なのかすぐわかりますので、是非参考にしてください!

 

鉄拳8の段位分布と昇格難易度

  • 石段青段(見習い):攻撃を当てにいく、簡単コンボも覚えたい。
  • 獣段拳段(初心者帯):自キャラの強い技の理解、上中下段の使い分け。
  • 羅段龍段(中級者帯):間合いの意識、三すくみの理解、最大ダメージを狙う。
  • 帝段王段(上級者帯):キャラ毎の対策を理解する。多数の選択肢を複数持ち備える。
  • 鉄拳神~(極めし者):数手先の相手の行動を読み取る力。その場面に対しての最適な選択肢で迎撃する。

ある程度自キャラを理解(コンボ、強い技の押し付け、壁コンボ、セットアップを数個用意)しておけば龍段までは全然上がれると思います。

今作は攻める方が勝ちにいきやすいので、自キャラの理解が最優先になります。

キャラ対策は焦る必要はなく、後々で大丈夫ですよ!

ですが、帝段からはキャラ対策の壁が分厚く、対戦相手もキャラ対策をしてきますので、対策の対策といった読み合いになることでしょう。

読み合いが1周回って、更に鉄拳がおもしろくなりますね!

 

鉄拳8の段位別の昇格に必要なポイントは?

段位の昇格は、対戦に勝利した際に貰えるポイントの積み重ねで、ある一定以上貯まりますと次の試合が昇格試合となり勝利することができれば段位昇格となります。

道のりは険しいですが、この段位システムも鉄拳8の醍醐味となっています。

  • 初 段:400
  • 二 段:1000
  • 勇 士:1600
  • 策 士:2000
  • 闘 士:3400
  • 餓 狼:4200
  • 荒 鷲:5400
  • 猛 象:6400
  • 剛 拳:7400
  • 邪 拳:9200
  • 戒 拳:10800
  • 修 羅:12400
  • 羅 刹:14700
  • 羅 傑:16600
  • 臥 龍:18500
  • 真 龍:23100
  • 天 龍:27300
  • 拳 帝:31500
  • 炎 帝:36500
  • 戦 帝:41100
  • 風 神:45700
  • 雷 神:52300
  • 鬼 神:58500
  • 武 神:64700
  • 鉄拳王:70900
  • 鉄拳覇皇:79100
  • 鉄拳神:87900
  • 鉄拳神極:97300
  • 破壊神:109700

真龍(17段目)からは必要なポイントが急激に上がるため、1つの壁になることが想定されますね。

 

まとめ

今回は「鉄拳8の段位の読み方は?強さ順に一覧で紹介」について書いていきましたが、いかがだったでしょうか?

鉄拳8の段位って毎回難しい漢字が使われるため、読み方に困りますよね。

また複数同じような段位名がありますし、どっちの方が段位が上だっけ?下だっけ?と迷ってしまうこともありますよね。

この記事では、段位の読み方や段位の強さはどのくらいなのか一覧で簡単に作りましたので、最後まで読んでいただき、あなたのお悩みを是非解決してください。