MENU
暮らし PR

プラス1から始まる電話番号に出てしまったら料金は?なぜ何回もかかってくるの?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

この記事では、プラス1から始まる電話番号に出てしまったら料金はどうなるの?

なぜ何回もかかってくるのかについて実例と共に具体的な対策も交えて、わかりやすく紹介します。

ここ最近では、国際電話(プラス1から始まる電話番号のことを言う)を装った特殊詐欺が増加傾向にあります。

実際に電話がかかってきたという方がこの記事を探しに来られたと思います。

この記事でわかること

  • プラス1から始まる電話番号に出てしまったら料金はかかるのか
  • なぜ何回もプラス1から始まる電話番号がかかってくる
  • 電話を出てしまったら個人情報が盗まれてしまうのかどうなのか
  • そして電話の目的は一体何なのか

いきなり見知らぬ電話番号がかかってきて不安に思われたと思います。

実態を深掘りし、調査した内容を実際にあったエピソードと共にお届けします。

落ち着いて最後までしっかり目を通していってくださいね。

もう一つこのプラス1から始まる電話番号の被害を撲滅していくためにも、この記事を読んだ方はSNSなどで共有していただけると有り難いです。

皆様の団結で被害を食い止めましょう!

では早速本題に入っていきます。

 

プラス1から始まる電話番号に出てしまったら料金は?

折り返しの電話は料金がかかる?

プラス1から始まる電話番号から着信がきて出てしまっても料金はかかりません。

しかし、折り返してかけ直してしまった場合は高額な料金が発生しています。

理由としては、プラス1から始まる電話番号は国際電話番号になるので、通常のプランだと範囲外になるはずですので、別途料金がかかってしまうことになります。

大手キャリアでも国際通話は基本は有料オプションなので、加入していない場合は国内通話よりも割高なので、高額な料金が発生すると言えます。

身に覚えのない海外からの電話番号は一旦無視するか、着信拒否などの対処をして何回も電話がかからないように対策するのがベストかもしれません。

 

プラス1から始まる電話番号に出てしまった後なぜ何回もかかってくるの?


プラス1から始まる電話番号から何回もかかってくる理由は断定できません。

個人情報の聞き出しが目的?

通話に出ただけで住所や氏名を把握するのは、かなり難しいと言えます。

警察や裁判所や弁護士に依頼するなど「調査」という目的で無い限り、あなたの個人情報が一切開示されることはありません。

電話に出てしまったからと言って個人情報が全て相手に伝わることは絶対にないので、落ち着きましょう。

しかし、相手には、この電話番号を使用している者がいるということと、声から年齢と性別が大体把握されてしまうので、何回も電話がかかったり、SMSメッセージが度々来るかもしれません。

例えば、「今からそちらの家に向かう」などのメッセージが来たとしても、電話番号だけで住所などの特定は一般人にはできませんので、一旦落ち着いてプラス1から始まる電話番号からの着信やSMSメッセージは無視するのが正解です。

 

プラス1から始まる電話番号は詐欺で危険?

ここ最近詐欺の被害が多く発生しているようです。
プラス1から始まる電話番号も含む「+」と国番号から始まる国際電話番号を悪用した特殊詐欺の被害が、香川県内で急増中しているようです。【読売新聞オンラインより】

警察庁と総務省は10月3日、プラス1などから始まる国際電話番号が特殊詐欺に悪用されるケースが、7月以降急増していると発表しています。【新潟日報デジタルプラスより】

特殊詐欺の内容は主に架空請求です。

「料金の未納が発生しています」

「保険証が不正利用された可能性があるのですが」

などの通話内容には注意しましょう!

 

実際あった事例を紹介

詐欺電話を信じた子育て主婦の末路

「+1 56620373798」から電話がかかってきた。

「ちょっと変だな?」と違和感は感じたが、 他の用事をやっていたので、ついうっかり電話に出てしまった。

【相手】「厚労省のミウラです。○○さん(本名言われた)の保険証が不正利用された可能性があるのですが、11/6に○○診療所と、○○クリニックを受診してADHDの治療薬を処方されましたか?」

【自分】「いいえ、○○に住んでないです」

【相手】「この治療薬が覚せい剤の原材料となるもので、こういった病院で大量に処方してもらうという不正利用が横行しているので、警察と連携して今取り締まっているところなんですよ」

【自分】「そういえば、よくお財布無くしてます!もしかしてあの時か…!?」

【相手】 「そうでしたか。○○さんの保険証が不正利用されている可能性があり、2週間以内にお使いの保険証が止められる可能性があるので、適切に対処してください」

【自分】「分かりました。何すればよいですか?」

【相手】「○○診療所と○○クリニックの管轄の警察に電話して、不正利用があった日にち・病院・お薬名を伝えてください」

【自分】「分かりました…今すぐかけます」 

【相手】「この電話から管轄警察に転送することもできますが、転送していいですか?」

【自分】「いえ、用事あるので自分で調べてかけなおします!」

【相手】「では5分後にお掛け直しして電話転送させていただきましょうか?」

【自分】「大丈夫です!ありがとうございます!」 

ここで転送されていたら、色々事情を聴かれながら情報を抜かれていたのでしょう。
ちなみにその後、自分で管轄の警察署を検索して電話を掛けました。

【警察】「保険証の不正利用って言われました?」

【自分】「まさにその通りです!」

【警察】「最近スゴイきてますよ。一応念のため厚労省に確認してもらっていいんですけど、きっと違うと思います。気を付けてくださいね!」

あまりに手口が上手過ぎて、本気で信じました。

警察によると、この手の特殊詐欺が今多発しているらしいです。

 

まとめ

この記事では、プラス1から始まる電話番号に出てしまったら料金はどうなるのか、なぜ何回もかかってくるのかについて紹介しました。

内容を見ていかがだったでしょうか。

もし仮にプラス1から始まる電話番号に出てしまった場合は、料金は一切かかりませんので、安心してください。

ただし、折り返し電話は料金が発生してしまいますので注意しましょう。

何回もかかってくるようなら詐欺の可能性が高いので、スルーするのが無難だと思います。

通話だけでは、個人情報が抜き取られないので落ち着きましょう。

しかし、実際に起こった実例から見ますと、保険証の不正利用から警察を装った詐欺師が個人の情報を抜き取り悪用するケースがあります。

プラス1から始まる電話番号や、身に覚えのない海外からの電話番号や、同じような電話番号から何度もかかってくる場合は、詐欺である可能性も十分に考えられますのでスルーを徹底してください。

なぜ何度もかかってくるのかと不安になる方も居ると思います。

不安な方は警察や行政の方に相談するのが1番良い対処法だと思います。

最後にこの記事を読んでくれた方に協力を申します。

詐欺被害を拡大させないためにも、この記事をSNSで拡散していただけると有り難いです。

皆様の注意喚起としてお役に立てればと思いますので、よろしくお願いします。

最後までありがとうございました。